新型コロナウイルス感染症対策について

  • HOME »
  • 新型コロナウイルス感染症対策について
大会規模の縮小
大会当日の競技種目をハーフマラソンに限定し、定員を例年より縮小しています。
3kmをハーフマラソンの前日開催とし、定員を例年より縮小しています。
開会式、表彰式など混雑が予想される式典、行事は行いません。
フィジカルディスタンスの確保
スタート時の密集を避けるため、スタート場所を2箇所とします。
スタート時や走行中の混雑を緩和するため、2段階のウエーブスタートとします。
会場内のゾーニングを行い、参加者、関係者のみの入場に制限します。
参加賞受け渡しは大会前日(10月2日)から受け付けます。
記録証はWEB 発行とします。
参加者・関係者の体調管理
大会2週間前からの体調・体温を記録した健康チェックシートを提出していただきます。
大会当日は、入口において検温を実施します。
手指消毒・服装
大会関係者はマスク着用を義務付け、参加者に近接するスタッフはフェイスガードや手袋を着用します。
アルコール消毒液を各所に配置します。
更衣室等の換気を実施します。
その他
毎年恒例の芋煮ふるまいや会場における飲食の提供を中止します。
新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、沿道観戦の自粛を大会公式ホームページ、SNS、市報等で呼びかけます。

マイページ

主催

山形市

公益財団法人山形市スポーツ協会

山形市陸上競技協会

山形市教育委員会

PAGETOP